上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、新規のメンバーが数人増えて、IN率が高くなった。

そこで、キャラバンできる回数も増えた。

というわけで、ギルメンを途中で増やしながら



敦煌~長安~敦煌~和田~敦煌



という長い旅路を辿った。

いやぁ、時間にして約5時間。

行商のためにこんなにやってたのかあたしは(爆)

さて、この旅路の物語を語るとしましょう・・・。
【長旅 ~高楼の残夢~】


まずは、レベル20の緋将が


長安に帰りたい~帰れない~


と叫んでいたので、長安まで連れて帰ることに。

そう、彼は前回 長安から敦煌に行商で連れてきたのだが、そのまま落ちてしまった。

そこで、行商したいというギルメンを連れて、長安へ。

はい、あたしレベ38になったんで、この敵の処理は大変ですよ。

ってことで、あたしがハンターで。

・・・・・・・・・・

敦煌を出るや否や、盗賊に瞬殺。

HPが激しく足らないので、一撃死。

知力極めが対戦に向かない理由がよくわかりますね、えぇ。

おそらく格下ですよ、あれ。どうみても(爆)

そして、誰も蘇生を持っていないので、敦煌に戻って再出発。

やはりレベル30の連中だと、苦戦するみたいですね。

ということで、追跡しつつおいかけると。

さっきの盗賊達が敦煌港で・・・

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

あ、やべ。攻撃しちゃった・・・返り討ち。



二回も返り討ちかよ!ヽ(`Д´)ノ



誰も蘇生もってないのは解っているので、諦める。

盗賊達と喋っていると・・・あ、なにやら強そうなハンターが。

あ、襲ってきたwwwwww

数秒後には屍の山。

誰も蘇生を持っていないので、死んだまま。

すると、親切なハンターが起こしに来てくれましたwww

そして、その足で長安へ。

ギルメンも誰も38の蘇生を持っていないのは辛い。

と言うことで、折り返しには商人で行くことに。

商人での道程の楽なこと楽なこと。

敦煌に着いたあと、同盟ギルドのメンバーと合流。

数人のギルメンも合流。


合同キャラバン



このメンバーで一路和田に向かう。

ハンターが強いので、そこそこ楽に和田へ。

初めて和田に行った人もいたので、よかった(・∀・)

帰りは長安まで行きたいというメンバーがwww

ということで、長安へ・・・

ところが、死の渓谷を行くのがきつかったので、遠回りしたらwww

時間が時間なだけに、寝落ち発生!Σ(´Д`lll)



いや あんた 寝たらあかんて(;´Д`)ノ



一番高レベルの人が死んで動かなくなった・・・。

仕方ないので、その人の荷物も回収しようと言うことになり、護衛を連れて敦煌へ。



荷物が消えました!!



工エエェェ(´д`)ェェエエ工 もう敦煌目前なのに?

そう、荷物は落ちてから時間が経つと消えてしまうらしい・・・。

そんなわけで、敦煌に着いた後、その場に残してきたメンバーを拾いに馬で向かう。

もうすぐ敦煌って事が気を抜けさせたのか、ギルメン死んでるし(爆)

それを蘇生させて、敦煌へ。



めっちゃ疲れる長旅やったわ(==;
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
理想の相手をゲット!
主に性的な癒しを求める女性が大半ですので貴方の優しさで
包み込んであげて下さい(´▽`*)女性ユーザの
約80%は現役風俗嬢やキャバ嬢ですょ★
http://sexual-desire.net/oh/gesearch/
2006/02/14(火) 18:28:43 | URL | gesear #e8dqewdg[ 編集]
(;ω;)ブワッ

ええと、星2以上の交易していたんですか?
俺も参加出来ることならやりたかったです・・・

盗賊として
2006/02/16(木) 18:50:50 | URL | 海猿27世 #-[ 編集]
ちょちょちょwwwww
それはsigureに返り討ちだな(・∀・)
☆1でしたが何かwww
☆2やる勇気はないなあ。無理。
最近の盗賊がテラツヨス・・・
もう50・60台が普通でしょ。
あたしらにとっては、クエ以外楽しめない状況なんだよね・・・。
2006/02/17(金) 14:15:46 | URL | 琉紫 #fzXxwl2E[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://silkroader.blog29.fc2.com/tb.php/14-6d9f9b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。